ぼんやりっ子、ヘミシンクをきっかけになんかスピっぽくなる。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドのお話

2015 - 04/30 [Thu] - 23:31

(2016.4.12 加筆修正)


 スピの世界で一般に守護霊とかガーディアンとか呼ばれている存在を、私はガイドとよく呼んでいます。

 というのは、私がスピに入ったきっかけがヘミシンクだったから。

 ヘミシンクというのは、簡単に言えば、音響効果を使って人の意識に働きかける音響技術。

 『ヘミ』という言葉が「半分」、『シンク』は「同調」という意味です。

 アメリカの医療機関・大学との共同研究によって科学的、臨床的に、教育や精神的な調和をもたらすエビデンスも確認されている科学技術です。

 それがなぜスピなのか。

 それは作った人が霊的体験をした人だったから。そして、その体験を皆で共有できるかもしれない、と気が付いたところから、このへミシンクの開発がスタートしたから。

 ヘミシンク開発のきっかけになった人、ロバート・モンローという方は、自身が何度も体外離脱を繰り返し、様々な非物質、霊的な世界を探訪しています。
 ラジオ関係の職に務めていたモンロー氏は、実際に霊的世界を探訪している時の自分と同じ脳波の状況を人工的に作り出せないかと考え、それがヘミシンク開発に繋がっています。
 で、ヘミシンクの音響効果を用いたCDや音楽によって、実際にそういう世界を探訪しにいっている人々がいる訳なのですが。(というかもれなく私もその一人なのですが)

 非物質の世界を実際に探訪することができるなら試してみたい、というのが動機で始めたヘミシンク。

 その中で、水先案内人ともなってくれる、私たちが地上に生まれた時から一緒にいてくれている存在……守護霊が、ヘミシンク界隈の用語でいえばガイドに当たるようなので、ずるずるとその呼称で今日まできています。

(ヘミシンクについて私自身のは非常にざっくりとした説明なので、詳しくはこちらの日本語サイトの「ヘミシンクとは」をお読みになると良いと思います。)


 で、この記事では、軽く私の知覚している主な二人のガイドさんと、関わったエピソードについて少しばかり書きます。



アスワ
 何かにつけて一番お世話になっている人。
 私の主護霊みたいな立ち位置です。メインガイドとも。
 黒髪に明るい蒼色の目、肌が白くて、長身に黒いローブのようなものをまとった男性の姿で知覚されています。自称プレアデス系の人らしいです。身長が2メートルを軽く超える人ですが、本人曰く「自分の人種の中では小柄(チビ)」なんだそう。
 ぶっちゃけ容姿は「黒髪短髪、青目、キリッとクール系色気もあるよ!なイケメン」をキーワードに、ハーレクインコミックの表紙で容姿を探すとよく載ってるやつそのまんまな気がします(こんな表現でゴメンヨ。でもまんまそうなんだヨ)

likegide

 ああうん、大体ホントにこんな感じ(投げやり)
 これにハ●ルの動く城成分ちょっと足したらいいんじゃないでしょうかね。(どういう成分だ)
 あとワ●ピースのシ。ンクスみたいな存在感とか。
 そう、つまり、キリっとダルそうな大物感(訳が分からん)
 画像はお借りしてます。すみません。

 ガイドの学校みたいなものがあるらしくて、そこの臨時講師とかをしたりするそうです。

 思い返すと、まだ私が中学生だった頃から手に取る物語や漫画の中に彼と同じ容姿の登場人物がちらほらいました。また、私が音楽が好きだったので、『歌』を通してメッセージを送り、常に励まし続けてくれていたようです。

 高校に入学したばかりの頃、一時的に顕在意識の状態の私のイメージに介入して話すことに成功していたようで、彼の姿を知覚した記憶もあります。(ていうか私は霊感人間だったのか…?)その時は高校生の私が話しやすいように配慮したのか、大学生のお兄さんのような、ラフな雰囲気の青年でした。昔は人の上に立つ人物だったのか?普段は堂々とした佇まいです。

 私の類魂からの人ではなく、縁ある別の類魂からやってきてくれているとか。


サン
 私がヘミシンク体験でいちばん最初に出会ったガイドです。
 立ち位置としてはアスワのサポート系……? 私についてくれる前から二人は知り合いだったのかも。
 白い貫頭衣のようなものを着た、幼く可愛らしい東洋系の少年の姿をしていました。日本人かと思いましたが、古代中国で豪族に雇われて暗殺?なんぞをやっていたとか、なんとか。それがなぜ子供の時の姿なのかというと、よく分からないですが。

 警戒心を抱かせないため??と今は考えています。
 というのは、その気になると青年に姿を変えることもできるからです。見た目通りの年齢というのは、あちらの世界にはないのだなぁと思います。

 ひょっとすると私の中では、子供のような純粋性と、黒い部分を持ち合わせる二面性?を象徴しているかもしれません。活動できるレベルの制限があるらしく、フォーカスレベルは27までが問題なく動ける範囲のようです。メインガイドのアスワは、それより上の領域でもある程度動けているようです。フォーカスレベル21に関西ゲルという共同で使える探索地点が存在していますが、そこに今はLUNAというお店を構えてくれています。(非物質界、フォーカスエリアで飲み食いすると、知覚のレベルが上がる効果があるのだとか。)

 外見が漫画マギの主人公アラ○ンに似てるかな? 全体的にキラキラ三割増しですが。
 彼も話していると、深いことを口にすることがままあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fita789.blog.fc2.com/tb.php/313-b7c19aef

 | HOME | 

  ふゆとスピ時々ヘミな日々のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ヘミシンク体験 > ガイドのお話  

プロフィール

ふゆ

Author:ふゆ
 大阪在住。なぜスピに入ったか、いつからスピなのか、最近ちょっと分からない。
 基本のんべんだらりと過ごしつつ、日々の気付きや自分のこととか、ナニカ?との会話からてきとーに。

 時々ヘミシンクの要領で非物質世界に行ってみる。自分フィルターかかりまくり。どう受け取るかは自己責任で。


at 2012.09.28.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。